フレイバーグループ 公式サイト

ライブチャット代理店・エージェント募集
【フレイバーグループ】公式サイト

チャットルーム運営例

チャットルームについて

まず、チャットルームと呼ばれる実際に女の子が働くための場所が必要となります。
その物件にはマンションタイプとテナントタイプの2種類が存在します。

マンションタイプは基本的には、女の子が働きやすく出勤し易いワンルーム、管理者が女の子を管理しやすい3LDKなどのファミリータイプがあります。
そして、テナントタイプは広さにもよりますが、仕切りを自由に施工することにより、チャットルームを複数作る事で管理がし易いチャットルームで女の子にお仕事して頂く事が可能となります。

チャットルームのそれぞれのメリット、デメリット

マンションタイプ

・費用が安く始めやすい
・お風呂が最初から有るため、住み込みでの仕事にも対応出来る
・マンションの住人のように見えるため出勤しやすい
・将来的には複数の物件が必要なために管理が大変
・掃除などの環境整備にはスタッフや女の子の協力が必要になる
・ワンルームタイプはプライバシーが守られる
・ワンルームタイプは管理が大変

テナントタイプ

・物件取得以外にも施工の為の費用がかかる
・住み込みなどに対応するにはシャワーや洗濯機の用意が必要なために環境的に難しい
・複数のチャットルームを作ることが出来るので管理しやすい
・チャットルーム一部屋あたりのランニングコストが安い
・沢山の女の子が出勤するのでミーティングで女の子の稼ぎを上げやすい
・競争意識を高めることが出来る

チャットルーム運営例

初期費用 (3LDKマンションの場合)

項目内訳金額
物件初期費用家賃2ヶ月分+敷金礼金約50万円
家具一式ソファー、カーテンなど約9万円(一室約3万円)
パソコン一式本体、カメラ、ヘッドホン約18万円(一室約6万円)
合計内訳約77万円

経費

内訳金額
家賃約12万5千円
水道・光熱費約2万円
通信費(インターネット・携帯電話)約1万5千円
求人広告費約15万円
スタッフ給与約20万円
雑費約5万円
合計約56万円

売上

1チャットルームにつき毎月売上最低100万円〜
3LDKの場合最低300万円

DMMライブチャットで300万の売上の場合
300万円×(50%+3%ー30%)=300万円×23%=69万円

(売上) (経費) (利益)
69万円 − 56万円= 13万円

※料率の計算は「売上について」をご確認ください。
広告費や、スタッフ給与は抑えることができるので、さらに利益をあげることが出来ます。

在籍女性が多くなりもう一軒チャットルームが用意出来るようになると

経費

内訳金額
家賃約25万円
水道・光熱費約4万円
通信費(インターネット・携帯電話)約2万円
求人広告費約15万円
スタッフ給与約30万円
雑費約8万円
合計約84万円

売上

DMMライブチャットで400万の売上、エンジェルライブで200万の売上

DMMライブチャット 400万円×(50%+4%ー30%)=400万×24%=96万円
エンジェルライブ 200万円×(50%+2%ー30%)=200万×22%=44万円

(売上)    (経費)  (利益)
(96万円+44万円)− 84万円=56万円

スタッフ給与や求人費は抑えることが出来るので、さらに利益を上げることが出来ます。